ブログトップ

いろいろいろあそび

mihopeg.exblog.jp

例えばこんな・・・

役に立つ必要な情報を発信して欲しい・・・と書いておきながら自分がしないのもおかしいので
じぃのロケットストーブの作り方
を紹介したいと思います。
いきなり、じぃと書くのは失礼ですね・・・しまね自然の学校の焚き火小屋の管理人をされているというじぃのblogは読み応えたっぷりです。あ、またじぃと書いてしまった・・・あ、また・・・


このブログはありがたいことにアートフラワーに興味がある方以外にも、海外を旅していた時に出会った仲間達も見ていてくれているようなので、こちらを見て各地で何かあった時に実践して周りの方々へも伝授してくれるのではないかと・・・期待したいです。


思い出話になりますが・・・

オーストラリアを旅していた時、毎日バイクで移動してテントを張る場所を探して、テントを張って持って運んでいる水と食料で食事を作って・・・という生活をしていました。
そんな中、6・7名の旅人達が集まり大きな湖の湖畔で長期滞在をしようという機会がありました。
釣りが好きな人達で食料は釣ろう!というのです。
d0155761_15172499.jpgそんな中、その中の1人が(現在の主人ですが・・・)周りにある大きめの石を集め、積み始め、泥をつくり隙間を埋め、落ちていたトタンで煙突を作り、やはり落ちていた針金でフックとかごを作り、釣った魚や町で買ってきた肉やタマゴをスモークにするということをやってくれました。そのお陰で何もないブッシュキャンプといわれる中での長期滞在も楽しい豊かなものになりました。



d0155761_1518749.jpgそこでは『こうすると手がきれいになるな~』なんて言いながらパンを捏ねてみたり・・・

それ以降、それぞれの旅に戻ってからもキャンプ地が決まれば石を探しかまどを作るようになりました。









d0155761_15191915.jpgこちらがこの後別の場所で私が作ってみたかまど。
かなりイメージに偏りすぎて、今思えば効率は良くないですね。。。
でも毎食調理しパンも焼けました。







今の被災地はそんな悠長な事を言っていられない状況だと思います。
でも知っていると知らないでは、実行できる出来ないの違いになります。
私もかまどの作り方をそこでパンを焼く、スモークだって出来るという事を目撃できたおかげでその後の自分の旅の中での食生活が豊かになりました。同時に出来ているものを買わないので節約にもなりました。
[PR]
by miho-peg | 2011-03-15 15:31 | note
<< forever young(和... 考える >>