ブログトップ

いろいろいろあそび

mihopeg.exblog.jp

緊急時に備えて

とてつもない地震がそして津波が起こり大変な事になっています。
皆さんのところは大丈夫でしょうか・・・
メールなどたくさんいただいてありがとうございます。
こちらは大きな揺れがあった時もありましたが今は落ち着いています。北部の地震の影響も幸いこちらへは大きく出ていませんので遠方の方々ご安心ください。

福島のいわき・南相馬、水戸などの友人とも今日になって無事連絡が着き安堵しているところです。
被災者の方々の心労を思うと胸が痛みます。

なかなか自分ができることはないのですが、情報が錯綜する中でとてもまとまった情報がわざわざさんのところで紹介されていたので、こちらにも貼らせていただきます。
-----------------------------------------------
Tips:
ケガ・キズの手当て応急処置  http://www.jon.gr.jp/qq/first_aid/index.html
緊急時用の水の確保方法  http://r.nanapi.jp/392/
災害伝言ダイヤル「171」の使い方  http://r.nanapi.jp/5941/


Twitterで信用できるアカウント:
NHK広報局(@NHK_PR)  http://twitter.com/nhk_PR
NHKニュース(@nhk_news)  http://twitter.com/nhk_news
総務省消防庁(@FDMA_JAPAN)  http://twitter.com/FDMA_JAPAN


【地震に遭遇したときの対応マニュアル】
http://matome.naver.jp/odai/2129850837113580401

【NHK各放送局災害情報】
各地域の災害情報確認のときに。
http://www3.nhk.or.jp/saigai/jishin/index.html


【持ち物】
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等)
□携帯電話と非常用充電器

□ティッシュ
□タオル(5枚くらい)
□懐中電灯
□カイロ
□サランラップ
□毛布
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
□ホイッスル(生存率が格段に上がる)
□メガネ
□いつもの薬


【緊急行動パターン】
・窓・ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる
・米を炊く
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・とりあえず落ち着く

・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意


【避難時の注意】
・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラスや塀に注意
・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停まれ

【NTT公式情報】
公衆電話は災害時には優先的につながります。
災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。

●無料公衆電話のかけ方。
・緑色のアナログ公衆電話
緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
通話が終わると10円玉は戻ります。
・デジタル公衆電話
テレホンカードや10円玉を使わず、
受話器を取るだけで通話できるようになります。


【災害用伝言ダイヤル】
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「1」を押す
3.自宅の電話番号を押す。
4.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「2」を押す
3.安否を確認したい方の電話番号を押す。
4.録音された伝言を再生する。


【Google Person Finder】
Google安否確認サイト
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
http://goo.gl/rlR07


【災害用伝言掲示板】
au http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
docomo http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
softbank http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
ウィルコム http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/

【TwitterSOSタグ】
GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpme

その他ハッシュタグ⇒ #prayforjapan (応援) #earthquake (地震) #eqjp

 (地震) #jishin (地震) #j_j_helpme (救助要請) #hinan (避難) #anpi

(安否確認) #daijyoubu (安否確認)


【救急処置】
意識がなく倒れている人がいたら
 仰向けにし顎を上げて気道確保
 呼吸・脈拍があるか確認
 確認されなければゆっくり二回肺が膨らむのを確認しながら人工呼吸
※この時あごをあげ気道確保→人工呼吸後心臓マッサージ
※AEDがあればAEDをすぐに使用すること


【骨折かどうか】
 腫れている
 変形している
 自分で動かせない、または微動でも激しい痛みがある
 変色している


【骨折処置】
 用意:タオル、副木(硬い棒・板状のもの)、縛るもの
 目的:固定し、骨折箇所の負担を減らす
 方法:骨折場所を中心に、タオルでくるんだ副木を縛りつける


【物に挟まれたときの処置】
体の一部を長時間強く挟まれた状態の被災者の方は、
無闇に救助したりせずに救急車を呼んで下さい。
クラッシュシンドロームに陥る場合があります。
逆に、挟まれてすぐなら躊躇なく助けてください。


【簡易トイレの作り方】
便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。
ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。
必要に応じてビニール袋を替える。

-----------------------------------------------

そしてこちらはメンタル面でのできること…
ぽいきさんのところより転載です。

-----------------------------------------------

今現在、本当に大変な状態になっていらっしゃる方も、報道を見て具合が悪くなってしまっている方も、どうぞ落ち着いて、読んでみてください。

こういった大変な事態になった時、私たち(体になっているエネルギー)はとてもいろんな反応をしています。

・「え?」と何度も聞き返す
・息が苦しい感じがする
・すごく元気か、すごくだるくてつらい
・ふわふわする
・体が膨らんでいるような、不安定な感じ
・目がさえて眠れない
・味がよくわからない

こんな時に、できるだけ体の緊張をといてあげると、長期的な体力や気力を保つことができるので、少しでも、あれ?と思ったら、やってみてください。

・お水があるならば、しっかりお水をとってください
・子供さんが、「地震ごっこ」「津波ごっこ」など、不謹慎に
 思えるような事を言っても、それはショックを体から出して、
 納得しようとしている自然な現象なので、抑えつけないで
 ください。たとえ笑いながら遊んでいたとしても、それは
 和らげようとしているサインです
・大人同士でも、体験を何度も語る人は、同じように体から
 ショックを出して、納得しようとしている作業なので、
 何度でも話させてあげてください
・泣いても何にもならない、と言いますが、泣くことも
 ストレスを解放する作業です。
 泣きたい時は涙を流して下さい
・仲間同士で、体をさすりあったり、触れ合ったりして、
 エネルギーを交換してください
・最悪の事態を想像する時間を一秒でも減らして、
 みんなが幸せに笑い合う時を思い描いて、暖かい
 エネルギーを、この私たちが暮らしている世界に
 増やしてみてください
・震源地や被災地から離れているために何もできない・・・
 と感じている皆さんへ
 祈りの気持ち、幸せを思う気持ちは、エネルギーとなって
 何かしら良い影響となって現れます。
 愛をこめて、被災地へ向けて祈りを送りたいと思います。
 ぜひ、心の中で、日本中が笑顔になっているイメージを
 持ってみてください・・・!

今回無事な地域に生まれ育った私たちは、今はとにかく
大騒ぎをしない事。そして、感謝をいっぱい持ちながら、
丁寧に生活をして、
今後

自分ができる事を
発揮出来る時に
実行できる自分

を整えていきましょう・・・!

今は、専門家、プロの方々に頼らなければならない事が
とても多い時期です。
自衛隊の方や、お医者様、政治関係の方々など。
でも、これから先、一週間、一カ月、一年とたってきた時に、
絶対に私たちの力が役に立つ時がやってきます。
その時のために、今は「自分にできる事」「自分を整える事」
をしながら、協力していきましょう。
-----------------------------------------------
[PR]
by miho-peg | 2011-03-13 15:35 | note
<< 考える すずらん >>